FinePix S3Pro 元プリクラ搭載機

こちら超格安入手しました、プリクラ機に使用されていたS3Proになります。画像でも一目瞭然ですが、USBカバーの穴と、VER.2.50がプリクラ使用機だった証です。初めて手にしたとき、設定がF1(スタジオポートレイト)で、カメラ出し12Mファインになっていました。自分はプリクラを使ったことがないですが、照明さえ完璧な状況でS3Proを使って撮影したら、写真館でプロに撮ってもらうも同然ですから、自動撮影機といっても完璧すぎる写真が撮れると思います。現在もS3Pro搭載のプリ機は現役なのでしょうかね?

 

先日初めて、当機を連れて南港線の撮影に行きましたが、今までプリクラ機の中に閉じ込められて、専ら人物撮影をさせられていた彼にとって、屋外に連れ出され、走る列車を撮影させられるのは予想外だったことでしょう。今までの活躍場と一変して、炎天下の外界に連れ出していきなり裸眼は眩しいだろうと、ND8のサングラスをかけての撮り鉄初ショットがコレです。

 

撮影画像はワイドRAW撮りのHS-V3現像で、最初は所有の他のS3Proとなんら変わらない、申し分ない画像に仕上がっていると判断し、とても満足していましたが、よく見ると撮影画像の左右に縦線が、それぞれ1本確認できます。まぁ、ロールフィルムの全コマに生じ勝ちな横線キズに比べたら全然マシと思いますし、現状のまま悪化しなければ大事に使っていこうと思います。


Nikon D5100 vs FinePix S3Pro

左:Nikon D5100 ISO100 f4.0 1/4秒  右:FinePix S3Pro ISO100 f4.0 1/2秒
左:Nikon D5100 ISO100 f4.0 1/4秒  右:FinePix S3Pro ISO100 f4.0 1/2秒

D5100

ISO100 f4.0 1/4秒
ISO100 f4.0 1/4秒

D5100にAF-S 50mm f/1.8Gを装着して撮影。

S3Pro

ISO100 f4.0 1/4秒
ISO100 f4.0 1/4秒

S3ProにAF-S 50mm f/1.8Gを装着して、D5100と同じ設定で撮影。

S3Pro  +1

ISO100 f4.0 1/2秒
ISO100 f4.0 1/2秒

S3ProにAF-S 50mm f/1.8Gを装着して、+1段設定で撮影。


まず冒頭の画像を拡大して等倍表示でご覧いただきたいですが、D5100は発光するものや被写体の輝いた部分が滲んだように膨張して写る傾向があり、これは他機種でも同じかもしれないですが、S3Proとの比較をしてみました。SR機は、他のカメラで白飛びを避けられない被写体で質感が出たり、光り輝く被写体は肉眼の片目で見た場合と同じ風な写りをします。

レンズはAF-S 50mm f/1.8Gを付替えて使用し、それぞれ最高画質での撮って出しJPEG、WBは両機ともにAUTO、シャープネス両機ともにSTDなど、まったく同じ土俵での比較になります。

 

但し、唯一ハンデとして、D5100のカメラ出し画像解像度は300dpiなのに対して、S3Proは72dpiです。

ピントは両機ともワンプッシュAFで、画面中央のintelシールに確実に合致させています。三脚固定でセルフタイマーを使ってレリーズしています。

 

発光体の写り具合に関しては画像の通りですが、その他の傾向としてD5100とS3Proは実効感度に約1段の差があるのを、上記3枚の画像でお判りいただけるかと思います。ちなみに被写体位置での入射光式露出計の測光値はピッタリ6EV(ISO100-F4.0-1/4秒)の露出状況下で撮影しています。

 

また色調に関して実際とモニター映像を比較できるよう、双方同時に見れるものを撮りましたが、実際を肉眼で見た感じの色調を見事に再現しているのがS3Proで、写っているもの全てが実際の色と同じに見えます。PCモニターはEIZOのSX2461Wで見ています。画質の違いは冒頭の切り出し画像で一目瞭然と思いますが、かなり差があるのが判ります。

 

S3Proの画像はPCに描かれたマイクのイラストなどが欠損していますが、実際そのようにはなっていません。これはハニカムSRならではのエラーと思われ、例えば空中に張られた電線など、線状の被写体がズタズタに切断されて写ることがある、その現象の表れかもしれません。どの画像もクリックで等倍表示してご覧いただけます。


YASHICA ELECTRO35 Gold Mecanica フジカラー F-Ⅱ
YASHICA ELECTRO35 Gold Mecanica フジカラー F-Ⅱ

こちらは残っていますもっとも古い鉄道写真で、名古屋0番線に到着する普通電車を1980年に撮影しました写真です。スキャンしたら真っ黄色で、適当に色修正しています。当方、若い頃に自宅を全焼していますので、それ以前に撮影したネガで残っているのが4コマしかなく、そのうちの1コマになります。まだ荷物列車が全盛の頃で、少し写っていますが1番線側の西方は機関車置き場になっていました。撮影時間帯が朝なので普通電車として運用されていますが、急行形8連は快速用の編成です。80系、111系、113系使用の普通電車は10両編成があるのに対して、快速はすべて8両編成です。

 

4+4の編成が多く、写真の列車も中間でクハ同士が向い合っています。クハは奇数番が東向き、偶数番が西向きです。中でもクハ155-18だけは「ポー!」AW-2が鳴る先頭車でした。またクハ159のラッパは他の先頭車とは明らかに異なる、とても美しい2和音を発していました。

 

この写真は先頭がクハ165なのが残念ですが、ここでは165系はクハのみが使用され、モハユニットはすべて153系か155系、または159系の何れかです。当時の快速電車は毎時1本で、米原行き、浜松行きが多かったです。上り最終の快速には急行伊奈の165系4両編成が併結されて、大垣夜行以外で唯一12両編成となる列車でしたが、快速で走る区間は豊橋までにも関わらず パタパタ表示機には「快速・飯田」と表示されて、放送も「快速電車の飯田行き」と言っておりました

 

2017年にKATOから急行伊奈と、急行こまがね編成のNゲージが発売されて、それぞれ編成が違いますが、急行伊奈の編成はクハ モハ モハ クハのこともあれば、こまがね編成のクモハ モハ クハ クハで来ることもありまして、実はどちらの編成を使っても大丈夫です。

 

撮影に使用しているヤシカは45mm付レンジファインダー機ですが、こうして古い写真を見ていますと、望遠で収めた迫力ショットより標準レンズで撮影された写真のほうが、周囲の情景も写り込んでいていいですね。

現在の主力として使用していますS3ProはAPS-Cですから、28mmか35mmレンズあたりを付けて沢山記録しておくのもいいかな?と思わされます。昔は一眼レフも、一般人は50mm付を買ってそのまま使うのが普通でしたし、コンパクトカメラも当時はズームを搭載する技術はなかったようで、どれも準広角の単レンズ付だったと思います。

 

撮影当日は、このあと中央線の電車に乗って、神領電車区で休息中の583系金星を撮りに行きましたが、今思えば当時の名古屋駅は1日中居ても飽きないところで、この場所に腰をすえて、来る列車を次々と撮影していたほうがよかったと思います。